• ホーム
  • 緊急避妊薬の代替としても使えるロエッテの避妊率は?確実に避妊はできる?

緊急避妊薬の代替としても使えるロエッテの避妊率は?確実に避妊はできる?

低用量ピルの一つであるロエッテは月経困難症の治療として用いられることが多いです。このロエッテには卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンのレボノルゲストレルが含まれた第2世代の低用量ピルであり、1相性であるのですべての錠剤には同じ量のホルモン剤が含まれています。順番に服用するなどの決まりがないので、服用を間違えることがなく、ピルを初めて服用する場合も扱いやすい特徴があります。

さらにロエッテは、避妊率を下げることなく卵胞ホルモンによって起きてしまう下腹部痛といった副作用が起こりにくくなるように改良されており、通常の低用量ピルと比べても、卵胞ホルモンが含まれている量が3分の2に抑えられています。下腹部痛は生理痛によっても起こるのですが、卵胞ホルモンの量が急激に変わってしまうとピルの副作用として起こることが多く、特に使い始めの時に症状は現れやすくなります。ホルモンバランスによって起きてしまう変化を最小限にとどめることができるので、不快な思いを軽減し快適に使用することが可能です。

ロエッテは避妊率も高く臨床試験においても99%の女性が避妊に成功したことが実証されています。1,000人以上の女性の中で妊娠してしまった人は5人だけであり、この中には飲み忘れをしてしまい正しく服用できなかった女性も多かったため、正しく服用した人はほぼ避妊に成功していると言えるでしょう。ロエッテには確実に避妊の効果があることがわかりました。

ロエッテは服用をすると妊娠初期の状態となるので、排卵が起こらず受精をしてしまっても受精卵が着床しないように子宮内膜に変化をもたらします。さらに子宮頚管の部分の粘膜を変えるので、精子が子宮に到達できにくくなります。このような作用から避妊効果を得ることができ、女性ホルモンのバランスを整えるので生理痛を改善し、生理周期を整えることも可能です。ロエッテの飲み方は他の低用量ピルと同じように1日1回1錠を毎日同じ時間帯に服用します。それを服用したら7日間は休薬期間を挟むようにしてください。

ロエッテはほぼ確実に避妊ができる薬で成分のレボノルゲストレルは、緊急避妊薬にも含まれている成分であるので、ヤッペ法として緊急避妊薬としても使用することができますが、緊急用として使用する場合は性交渉後できるだけ早く服用しなくてはなりません。服用方法が通常と異なり、性交渉後72時間以内に実薬を5錠、さらに12時間後に5錠服用するようになります。この場合は避妊率は57%程度になるので注意が必要です。