• ホーム
  • 緊急避妊用ピルのアイピルは通販を使えば安価に購入できるって知ってた?

緊急避妊用ピルのアイピルは通販を使えば安価に購入できるって知ってた?

元気を出す女性

アイピルは、モーニングアフターピルの一つであり、ノルレボ錠のジェネリック医薬品となります。ノルレボ錠のジェネリックであるので成分にはレボノルゲストレルが含まれており、服用方法も効果の出方も同じになります。性交後12時間以内に服用すると95%以上の確率で、72時間以内であると81%の確率で妊娠を回避することができます。

アイピルはピンク色の錠剤であり、服用は1回1錠を性交後早期に服用します。薬の成分自体は3時間たたないと体に浸透していかないため、もし3時間以内に嘔吐してしまった場合は再度婦人科を受診して処方してもらわなくてはなりません。

日本においてアフターピルは診察をしなくては処方してもらえず、しかも1回1錠しか出してもらえません。アイピルの場合、副作用で嘔吐する確率は大変低いのですが、それ以前に飲酒をしたり車に酔ったりした場合は吐き出してしまうこともあります。もしその時点で婦人科の診察時間が終わっている場合はさらに時間が経ってしまい、どんどん避妊効果が弱くなってしまいます。このようなことを避けるためにも個人輸入代行通販を利用して常備しておくと、はいてしまった時にもすぐに対応することができ安心です。

緊急避妊薬であるアイピルは、保険が適応されないため婦人科で処方してもらうと1万円ほどかかります。そこに診察代や処方箋代がかかるので、さらに費用はかかってしまいます。一方の個人輸入代行通販の場合、処方箋代や診察代は必要がなく、しかもまとめて購入することで割引になり、1錠あたりの価格が安価になることが多いです。処方してもらう緊急避妊薬の中ではヤッペ法が薬の費用がかからず、ノルレボ法と比べても半分ほどの費用となるのですが、個人輸入通販の場合はこのヤッペ法よりもさらに安価でノルレボ錠であるアイピルを購入できるので、まとめて購入するとよいでしょう。

個人輸入代行通販の場合、海外からの発送となるため薬が届くまでに約1週間ほどかかることがあります。そのため処方してもらうよりも時間がかかることを考え、計画的に購入することが大切です。さらにアイピルをはじめとする緊急避妊薬の場合、偽物が出回っている可能性もあり、信頼できる個人輸入通販会社を見極めなくてはなりません。相談窓口が設置されているか、支払方法はしっかりとしているか、薬の品質保証に関する証明書などが提示されているかなどをチェックして、安心して購入できるよう注意をします。